日本糖尿病眼学会 メインイメージ

理事長のご挨拶

ホーム > 日本糖尿病眼学会について - 理事長のご挨拶
日本糖尿病眼学会について
 理事長 小椋 祐一郎
(名古屋市立大学大学院医学研究科 視覚科学)

 日本糖尿病眼学会のホームページへ、ようこそ。本学会は、糖尿病網膜症をはじめとする糖尿病による眼合併症の診療および研究に関して、眼科医、内科医、そして看護師、視能訓練士、糖尿病療養指導士などの関連するメディカルスタッフが意見交換できる場を提供して、それらの合併症の克服を目指しています。

 日本糖尿病眼学会は、1995年3月11日に設立しました。振り返れば、1961年「糖尿病網膜症」が日本臨床眼科学会のグループディスカッションに加わったのが初めでした。眼科の学会に付随した研究会の形態で運営されていましたが、会を重ねるごとに内科や看護に深く関係する問題も提起され、眼科医以外の参加者も多数ありました。一方、糖尿病患者の数が増加の一途をたどり、それに伴い眼合併症も問題となって来ました。グループディスカッションとして1993年まで実に33回の実績を積んで参りましたが、参加者から学会設立の強い要望もあり、世話人を中心に検討し「糖尿病網膜症臨床研究会」と併せ発展解消し、新たに「日本糖尿病眼学会」を設立するに至りました。

 この学会の目的は、下記の3点に集約されます。

1)内科医と眼科医との共通の理解・協力の上で成り立つ学術的な糖尿病眼合併症の研究、治療の確立
2)医師とメディカルスタッフの連携
3)患者の教育、看護。そして不幸にして失明、あるいはそれに至る患者のケア。

 日本糖尿病眼学会では、上記目的を達成するために、「学術集会」の開催、「糖尿病眼手帳」の配布、「学術奨励賞”福田賞”」設立等を行っております。多くの皆様にご参加、ご協力を賜ることができましたら、幸いです。何とぞ、よろしくお願い申し上げます。